借用書なしの債権回収パート2

Aさんと一緒にBさんの実家に行くところからだったと思います。

Bさんが実家にいるのがわかったのは AさんがBさんの実家の近くを通った際に、実家のBさんの母親が見えたので Bさんの事を聞いたところ 帰ってきてるとの 返答だったから わかったそうです。

その時に Bさんにも会ったみたいなのですが 話したくない 帰ってくれとしか言われず 話にならないから 第三者に頼んだようです。

まず やらないといけない事は、貸したお金の確認と証拠を残すこと 借用書なり自書を書いてもらうことです。

Aさんと二人で実家につき チャイムを押し・・・? 押しましたが 誰も返答がありません 窓から 部屋を覗いたところ 男性と目が遭いました Aさんの件で来たと ジェスチャーしたところ しぶしぶ 玄関を開けてくれました リビングに通され その男性がBさんだと知りましたが この案件はあっさりしたもので 

お金借りたの本当ですか?

私

Aさんからお金借りたの本当ですか?

Bさん
Bさん

借りてます

おーw あっさり認めてくれた 内心ほっとしました。

ここで 借りてない もらったんだとか お金を受け取った覚えもない 逆に貸してるのはこっちだ なんて言ってくる人も結構いて そうなると順番立てて 話を聞き 納得させる作業が必要なので 認めてくれて ホントほっとしました。

この借りてるとこを認めていくれると すでに80%解決したも同然です。

その後もなにか ごねてくることもなく 淡々と話は進み どう返済していくかの 話も淡々と進み二時間ほどで話はおわり Bさん実家を後にしました。話した感じ 元々経営者とゆうのもあり、常識的でよかった、会社が回ってるときは、いい経営者だったんだろうと 感じた男性でした。

帰り際、Bさんに呼ばれて 二人で話したんですが こんな感じになってしまって 申し訳なかったと Aに伝えてくれと言われたのが、印象に残ってる好感のもてる男性でした。

返済の話は、分割での返済になったのですが 仕事を始めて、返済日遅れもなく支払ってると

その後の 私の報酬ですが5万でした( ;∀;) 1000万の債権回収をして 報酬が5万ってwww あーーーーー笑うしかない

上司には何も言えないし 愚痴も 文句も あーーーーー 泣きたいけど 笑うしかなかった